> TOP > 姓名判断の影響力

姓名判断の影響力と重要性

姓名判断は、名前に使われている文字の画数や性質、組み合わせから運勢を占う方法です。特に人名の場合は、その人の気質や若年期から晩年期までの運、かかりやすい病気などが、恐ろしいほど詳細に分かります。

姓名判断の影響力

では、なぜ名前だけでここまで運勢が分かってしまうのでしょう。それは私たちが名前の影響を受けているからなのです。人は環境に左右される生き物です。例えば季節や天気、耳にする音、目に入る情報によって気分が変化することは、科学的にも証明されています。当然、日常利用する名前の影響力たるや計り知れません。

また生き物には、それぞれ宿命があります。宿命は誕生した瞬間に決まります。生年月日で運勢を占えるのはこのためです。つまり、生き物のおおよその運命は、この世に生を受けた段階で決定してしまうのです。とはいえ、宿命は意識次第で吉を大吉に、凶を小凶にすることができます。気質もまた、どう活かすかによって長所にも短所にもなるのです。

そして運を少しでも良い方向に変える手段として、姓名判断は驚くべき効果を発揮します。それは、短命でも死に際が幸せな人の名が大吉だったり、お人好しなのに悪人のレッテルを貼られてしまう人の名が大凶だったりすることを見てもあきらかです。

名付け本の知識だけでは危険!

最近はほとんどの名付け本に画数についての記述が掲載されています。インターネット上でも、画数診断の無料サイトをよく見かけるようになりました。しかし画数診断は姓名学の一部の理論にすぎません。

本来、姓名判断は画数だけでなく、組み合わせや文字の性質、家族の名前なども合わせて観るものであり、画数が良いだけで命名してしまうことは非常に危険なのです。それなのに、巷では肝心な画数の数え方までいいかげんな情報が多く、吉凶診断にも実証が伴っていません。これは大変悲しいことです。

この一般的姓名判断と当サロンの姓名判断との違いについては、絢音式姓名学の特徴に詳細を記載しておりますので、ぜひお読みになってください。

名付けは幼児期の教育と同じくらい大事にすべきことの一つです。お子様の将来を真剣に考えたいと思っている方は、当サロンまでお問い合わせください。誠心誠意、名付けのお手伝いをさせていただきます。